お知らせ

  • 顔の左右の輪郭が違う

    2012年11月27日(火曜日)

    体の微妙なゆがみは
    かみ合わせの狂いが原因かも!

    かみ合わせが狂っているときの主な自覚症状
    ●顎関節痛(あごの関節付近の痛み)
    ●偏頭痛
    ●肩こり
    ●首の懲り、しびれ
    ●頭痛
    ●腰痛
    ●顔の輪郭の左右のゆがみ
    ●ほうれい線が濃くなった
    ●めまい
    ●耳鳴り
    など

    たかがかみ合わせと侮ってはいけない!
    あごや口の中だけでなく、不調やゆがみは
    全身に広がっていく。


  • 酸性の飲食物で歯に穴

    2012年11月20日(火曜日)

    飲食物などに含まれる酸により、
    歯の表面が溶けてしまう「酸蝕歯」。
    進行すると冷たいものが歯にしみる知覚過敏や、
    虫歯のような痛みを引き起こす。
    原因となる酸性飲食物は、
    炭酸飲料やかんきつ類など、
    私たちの食生活に深く根付いた身近なものばかり。
    予防には、食生活の習慣を見直して、
    過剰摂取や不適切な飲み方、食べ方を改めることが大切だ。

    対策として
    1酸性飲食物の摂取後は水やお茶で口をすすぐ
    2軟化した歯が削れるのを防ぐため、摂取後30分は歯磨きを控える
    3デンタルガムやフッ素入りの歯磨き剤で歯質を強化する
    などを勧めている。


  • おいしく食べるために必要な歯の本数

    2012年11月13日(火曜日)

    ●18~28本
    フランスパン、酢だこ、いかの刺身・するめいか、たくあん、固焼きせんべい

    ●6~17本
    きんぴらごぼう、せんべい、豚肉(薄切り)、かまぼこ、れんこん、おこわ

    ●0~5本
    うどん、なすの煮付け、バナナ

    歯の数と食べられるものの関係についての調査結果。
    自分の歯できちんと噛んで食べることは健康維持に非常に大切であるが、
    歯が5本以下になると、バナナやうどんのような
    柔らかいものしか噛めなくなる。

    厚生労働省「標準的な健診・保健指導プログラム」より


  • 認知症の人の口腔ケアのポイント

    2012年11月06日(火曜日)

    ●認知症と診断されたらまずは歯科で今後の管理対策協議
    認知症進行は口を開くことを拒むなどして
    歯科治療や口腔ケアを難しくしていく場合が多い。
    歯科でもかかりつけ歯科医を持つ、
    定期的に歯科衛生士にケアしてもらう等、
    認知症が進行しても患者本人が安心して口を開けてくれる
    専門家との関係づくりも重要

    ●日々のケアこそ大切、プロに依存するだけではダメ
    誤嚥性肺炎リスクのみならず、
    心臓病リスクが健康な人の2倍高くなるとされるのが歯周病菌。
    「週に1度はプロにケアしてもらっているから安心」ではなく、
    健康な人同様、日々の毎食後の口腔ケアこそが死に至る危険を低減

    ●インプラントは認知症重症化前に使用中止の判断も必要
    人工物であるインプラントはじかにあごの骨に埋めてあるため、
    健康な人でも定期的な歯科診断と専門家によるクリーニングが不可欠。
    認知症と診断された場合は
    各種有害な菌やウイルスの感染リスクを減らすために、
    埋め込んであるインプラントの上にねじ留めしてある義歯を外す
    選択肢も考慮したほうがいい

    ●認知症がひどい場合は義歯(入れ歯)使用は慎重に
    いわゆる「総入れ歯」サイズであっても、
    飲み込んでしまうこともある。
    義歯がうまく取り扱えるか、十分に評価する必要がある。
    なるべく単純な構造の義歯に変更することも考慮する。
    義歯使用の中止の判断など、
    認知症の進行状況を視野に入れた今後の管理対策の決定が必要


    週間東洋経済より


  • 塩麹の酵素パワーで体の中から美肌&美髪に!

    2012年10月30日(火曜日)

    米にカビの一種である麹菌を生やした米麹に塩を加えて発酵させたものが塩麹。
    酵素の力で肉や魚がやわらかくなるほか、アミノ酸が増えてコクも増す。
    麹菌が作る酵素アミラーゼは、腸内の善玉菌のエサとなるオリゴ糖を産生するので、お通じ改善効果も!


    酒や味噌、醤油造りに欠かせない麹菌は、でんぷんやたんぱく質を分解する酵素をはじめ、美肌や髪の健康に役立つビタミンB群を産生する栄養の宝庫。
    胃腸で消化を助けて栄養の吸収をアップ、腸内環境の改善にも役立ちます。
    麹由来の成分には美白効果も期待。
    体の中から麹パワーを効かせましょう。


  • 「健康」の後悔トップ20

    2012年10月23日(火曜日)

    1 歯の定期検診を受ければよかった

    2 スポーツなどで体を鍛えればよかった

    3 日頃からよく歩けばよかった

    4 腹八分目を守り、暴飲暴食をしなければよかった

    ...健康について後悔していることの第一位は「歯の定期検診を受ければよかった」。歯はよほど痛くなければ放置しがちだが、聖路加国際病院理事長の日野原重明先生によると、歯の健康を保つことこそ長寿の秘訣だという。
    毎食後の歯磨きはもちろん、虫歯がなくても2~3ヶ月に一度は歯科でチェックしてもらうようにしたい。

    プレジデント より


  • 歯に良い食べ物

    2012年10月19日(金曜日)

    1歯の質を丈夫にする

    歯の質に影響する栄養素は、
    不足すると虫歯になりやすくなるカルシウム、
    エナメル質の形成に必要なビタミンA、
    象牙質に必要なビタミンC、
    歯の正常な発育を助けるカルシウムの吸収に役立つビタミンDです。
    カルシウムは、牛乳・乳製品、小魚、海藻、大豆製品に含まれ
    より効率的に吸収するにはビタミンDやたんぱく質と一緒に摂取します。
    ビタミンAは、ホウレン草、レバー、ニンジンに、
    ビタミンCは野菜や果物(特に柑橘類)に、
    ビタミンDは魚介類、きのこ類などに含まれます。

    2顎の正常な発育を促す

    よくかむことが大切です。
    ゴボウやレンコンなどの根菜類、
    ひじき、海藻、豆類など、
    かむ回数の多い食品。

    3歯の表面の清掃効果がある

    「清掃性食品」があります。
    例えば、唾液の分泌を促す酸味のある食品や、
    よくかむことで、歯の表面をきれいにする食品、
    例えば、ゴボウ、レタス、セロリなどの
    食物繊維の多いものです。


    歯を丈夫にするには、
    カルシウムだけでなく、リン、鉄などのミネラル、
    ビタミン、たんぱく質などが含まれる、
    多種多様な食べ物をバランスよく取ることが大切です。
    食後の正しい歯磨きも欠かさず行いましょう。

    熊本日日新聞より


  • 歯を大切に!

    2012年10月16日(火曜日)

    歯は出来上がってしまうと、
    その後の栄養の影響を受けにくいのが特徴です。

    「妊娠により子どもにカルシウムを奪われ歯を悪くした」という方が
    中にいらっしゃいますが、
    出来上がった歯のカルシウムが子どもに移動することはなく、
    妊娠による口腔内環境の悪化や
    清掃不良による虫歯、歯周病の発生などが影響していると思われます。

    乳歯、永久歯ともに体内で作られているときに
    十分な栄養を摂取することが大切です。

    胎児の乳歯は妊娠7週目から、
    永久歯は妊娠4~5ヵ月ごろから作られます。
    個人差はありますが、乳歯の石灰化が始まる妊娠4ヵ月から、
    親知らずを除く最後の永久歯である「第2大臼歯」が
    生え始める13歳ごろまでの食べ物が、
    歯の質に最も影響を与えると言えます。

    熊本日日新聞より


  • 「食いしばって」生きてませんか? 2

    2012年10月12日(金曜日)

    「食いしばり」と「歯ぎしり」を意識することが大事

    「食いしばり」と同時に「歯ぎしり」の可能性もチェックすべきでしょう。
    「歯ぎしり」は睡眠中に行い、「食いしばり」は日中、夜間にかかわらず無意識のうちに行っています。
    日常的に顎が正しい位置にある場合、上の歯の裏の部分に舌が来るので、上下の歯はぶつかり合うことはありません。
    しかし、顎が歪むと噛み合わせが悪くなったり歯が割れたり、詰め物が取れたり、と歯だけでも悪影響がたくさん。
    むしろ、今挙げた症状で治療に来て、原因が「食いしばり」とみつかることもあります。

    VERY より


  • 「食いしばって」生きてませんか? 1

    2012年10月09日(火曜日)

    実は歯のトラブル、「食いしばり」が理由のことが多いんです!!

    30代の女性が虫歯などで治療に来てチェックをすると最近気になるのが「食いしばり」。
    治療歯の詰め物が削れていたり、歯茎が退縮していたり、程度の差はあれ兆候のある人が本当に多いんです。
    「食いしばっている」ときの力は、歯科矯正時に歯にかかる力の数十倍に。
    主な原因は、噛み合わせの悪さとストレス。
    ストレス発散のための生理的な情動行動のひとつとも言えるでしょう。
    メカニズムは明確ではありませんが、「食いしばり」は今を生きるほとんどの人がしていると言っても過言ではない現代病のひとつ。
    ただ、無自覚な人が圧倒的に多いのも事実。

    VERY より


  1. ふじもと歯科医院
  2. お知らせ